復縁したい元彼と別れたとき、話し合って別れましたか?

別れ際の対応で復縁しやすかったり、難しくなったりすることがあります。

 

彼に話があるって言われたんだけど、もしかしたら別れ話かも

このように別れの予感を感じていたなら、別れ話も少しは冷静になれるでしょう。でも、突然別れ話をされたときは取り乱したり、泣いたりしてしまうことも。

 

彼のことが好きだし別れたくない」と思っていても、別れ話をする彼はあなたとのお付き合いをやめたいと思っています。

そして出来ることなら喧嘩やもめごとは避けたい。これは男女共通ですよね。

 

恋人同士が別れるとき、別れ話をするほうも勇気と決意が必要。別れ話とは「あなたのことはもう好きじゃない」と言っているようなものだから。

別れる理由にもよりますが「好きじゃない」から別れるというのと「嫌いになった」から別れるでは、復縁するときに影響します。

 

ではなぜ話し合ったほうがいいのでしょう?

今回は話し合って別れた彼と復縁しやすいのはなぜかをお伝えしますね。

 

話し合って別れたとき元彼と復縁しやすい理由とは

 

元彼と別れる時には少なからず話し合いがあるはず。元彼が「別れよう」と言ったことに「わかった」とだけ答えて終わりになることはほとんどないでしょう。

別れる前に彼の様子がどこかおかしいと感じていたり、すれ違いが続いていたなど別れの予感を感じていたなら彼からの別れ話に冷静に対応できますよね。

 

冷静な話し合いの末に別れたときは復縁しやすいと言われています。

「別れたくない」と言ったほうが彼のことを好きだという気持ちがあることをわかってもらえそうですが、実はそうではありません。

 

その理由を説明しますね。

冷静に話し合って別れた場合

彼から別れ話をされたときは心が乱れてしまいますよね。それは別れが近いことに薄々気づいていても同じこと。

大好きな彼から別れ話をされて動揺しない人はいません。

 

でも、別れようと言われたあとに冷静に話し合うことが大切なんです。

 

別れ話をする男性は「あなたのことを出来るだけ傷つけないようにしたい」という最後の優しさがあるもの。

それと同じくらい「別れる時にもめたくない」とも思っています。

 

彼が本当はあなたの束縛がイヤで別れたいと思っていても「好きな人ができた」などとウソをつく場合もあります。

あなたにできることは冷静に話し合うこと。冷静に話し合うと彼が本当はどういう理由で別れたいと思っているのかを知ることができますよね。

 

あなたが元彼と復縁したいと思っても彼はあなたのイヤなところ、直してほしいところが改善できていなければよりを戻したいとは思わないでしょう。

本当は別れたくないと思っていても、別れを受け入れて感情的にならずに話し合ってくださいね。

 

別れるときにはもめないほうがいい理由

元彼が別れ話をするときはあなたとのお付き合いをやめたいと決心しているとき。

そこで「別れたくない」とだだをこねたり、泣いてすがったりしては「面倒な女」という印象が強くなります

 

また、泣かれてしまうとどうしていいかわからなくて彼を困らせることに

いきなり別れ話をされれば誰でも取り乱してしまいますが、泣きたい気持ちをグッとこらえて落ち着いて話し合いをしましょう。

 

別れる時に泣いてすがって取り乱しては、気まずさが残り落ち着いた後も連絡しずらくなります。

別れ際が大切な理由は次に彼に会ったとき、連絡したときの印象が変わってくるから。

 

冷静に話し合ったときは良い思い出が残るものですが、もめた場合は最悪な別れかたをした印象が強く残ります。

元彼とよりを戻したいと思うなら、別れ際は冷静によく話し合った方がいいですね。

 

ただ、別れ際の印象が最悪だったから復縁できないというのは違います

時間はかかるかもしれませんし絶対とは言えませんが彼の気持ちを取り戻すことは可能ですよ。

 

最悪の別れ方で彼に嫌われた私が7ヶ月で復縁できた理由!

 

円満に別れたときでも冷却期間は必要?すぐに連絡してもいい?

 

別れ際に冷静に話し合い、円満に別れたときでも冷却期間は必要です

彼の気持ちを受け入れて納得して別れたとしても、あなたにはまだ彼を好きだという気持ちは残っていますよね

 

元彼とよりを戻すためには、もう一度彼があなたのことを好きにならなければいけません。

 

お互いがどんなに冷静に話し合って円満に別れたとしても恋人関係を解消してからは時間と距離をおく、つまり冷却期間があったほうがいいでしょう。

彼の気持ちを考えてみてください。別れてからすぐに復縁のアプローチをすると「別れる時に納得してくれたと思ったのに」という不信感が生まれてしまいますよね。

 

彼の「あなたへの不満やイヤなところ」を改善していなければ、よりを戻しても同じことを繰り返すだけ

別れて間もないときはあなたの気持ちも落ち着いていない可能性もあります。

 

冷却期間中に別れの原因と向き合って、自分磨きをしたほうが復縁への近道です

もともと話し合って円満に別れたのですから、彼の最後の印象は悪くないはず。焦って復縁をせまるのは逆効果

 

別れる時に「友達に戻ろう」という話し合いがあったのなら、あなたからの連絡は不自然じゃないですよね。

そのときは、普通の友達として一定の距離を保ってくださいね。

 

そしてあなたが彼のことを好きなこと、よりを戻したいと思っていることは気付かれないようにしましょう。

彼に復縁をせまられるのではと警戒されてしまうと距離を置かれてしまう可能性があるからです。

 

まとめ

 

別れ話をされるというのは辛いし、悲しい気持ちになりますよね。話し合いなんてしたくない!と思ってしまうかもしれません。

ですが振られた理由を一人で考えるより、彼との話し合いで別れた理由を聞いておくほうがいいですよね

 

これから復縁を目指すなら、彼が別れを決めた本当の理由を知ることができるのはとても大切。何を改善すればいいのかを知ることができるから。

 

もし、これから別れ話があるかも・・・と悩んでいるなら「別れたくない」と言って彼に悪い印象を与えないようにしてくださいね。

 

 

あなたの復縁が叶うことを願っています。

 

 

 

 

「元カレとの復縁を叶えよう!」公認サイト↓