元彼と別れた原因はなんですか?

喧嘩や浮気、気持ちの変化など人によって様々だと思いますが、すれ違いが原因ということもありますよね。

 

本当は彼のことが大好きで「別れたくない」と思っているのに、自分が思っていることと彼が思っていることがズレてしまい、喧嘩が増えたり、お互いの気持ちをわかり合えない関係に発展してしまったり。

 

後から考えたら、お互いが向き合ってちゃんと話し合い、譲り合ったり、思いやったり、理解し合えれば別れなくて済んだのにと思うものですが、それは後から冷静に考えた時にわかるものですよね。

 

すれ違っていると感じていて「なんとかしなきゃ」「今のままじゃイヤ」と思えば思うほどすれ違いが大きくなったり、上手くいっていた時の関係を取り戻したいと焦る気持ちが悪循環になってしまって結果的に別れを切り出された方もいるかもしれません。

 

今回はすれ違いの3パターンと、男性と女性の恋愛は違うということをお伝えします。

ぜひ参考にしてくださいね。

 

心のすれ違い

 

 

男性と女性との間には恋愛観に差があります。温度差があると言ってもいいでしょう。

女性は恋愛すると彼しか見えなくなったり、彼中心の生活を送ってしまいがちになりやすいもの。でも、男性は恋愛に対する優先順位が女性とは違います。

 

女性は付き合った当時と変わらず、または月日が経つにつれて、より多くを相手に求めてしまうことがありますね。

でも、男性は付き合う時や付き合い始めがピークでその後は徐々に優先順位が下がってしまうもの。

 

例えば、最初は毎日マメに連絡をくれていたのに、気付いたら一日一回、義務的なやり取りをするだけになっていたり、週末はあなたとの約束より友達との約束を優先していたり。

 

そういうお付き合いが続くうちに少しずつフラストレーションが溜まり、あなたは彼との時間を大切にしたいと思っているのに、あなた以外のことに時間を使う彼のことが許せなくなっていませんでしたか。

 

お互いが大切にするものや優先することが違ってくるとすれ違っているように感じてしまうものですよね。

 

女性は付き合う期間と共に彼に対する気持ちが増えていくもので、男性は最初ほど熱量が高くだんだん落ちてくるもの。

男性と女性では恋愛に対する盛り上がり方」が違うということです。

このことを知っておくだけで、前より愛情がなくなった、もう私のことを好きじゃないのかもしれないという不安がなくなりますよね。

 

もし、心のすれ違いから喧嘩や意見の違いが増えて結果的に別れてしまった場合は、彼に求めるものが多すぎなかったか、彼の気持ちをわかってあげられていたか、振り返ってみてください。

 

別れることになった原因の一つがわかるかもしれませんよ。

 

生活・時間・環境のすれ違い

 

今まではお互い学生同士だったけど、彼は就職、あなたは学生という環境になったり、どちらかが転勤や転職・配置部署の変更など、今までとは違う環境になるとどうしてもすれ違いが生まれてしまいます。

 

自分は何も変わらないけど、相手の生活環境が変わったときに起こりがちです。

例えば彼の仕事内容が変わって忙しくなったとしましょう。

忙しくなったことは理解できるけど、でも休日は会いたい」というのは女性。

先程もお伝えしましたが、男女の恋愛は優先順位が違います。最初は会いたいという気持ちに応えてくれるかもしれませんが、それが続くと「休日くらいは休みたい」と思うこともあります。

 

彼はあなたを好きじゃなくなったわけじゃない。けれど、求められるものが自分の応えられる以上のことだと「しんどい」と感じます。

特に職場が変わると人間関係も変わりますし、住む場所が変わると行動範囲が全て新しくなるわけです。新しい環境に慣れるまでは余裕がないこともあるでしょう。

 

もちろんあなたの環境が変わる場合もあると思います。

生活・時間・環境の変化によるすれ違いで別れた場合、お互いのことが嫌いになって別れたわけじゃないですよね。

どちらかというと、お付き合いを続けるのが負担になっていることが多いのではないでしょうか。

 

自分に余裕がなくなると人のことも思いやれなくなることがあります。

そして環境が変われば少なからず人は変わるもの。そのことを受け入れたら相手のことをもっと理解してあげられますよね。

 

すれ違いになってしまったのはどうしてなのか、考えてみてくださいね。

 

誤解が原因のすれ違い

 

例えば社内恋愛で「Aさん(あなた)、最近Bくんといい雰囲気みたい」ということを同僚から聞いたり、友人から「彼女、この間の飲み会で〇〇と連絡先交換してたよ」という話を聞いたり、共通の友人に彼の不満を少し話しただけで、話が大きくなって彼の耳に入ったりすると、そのことを信じていなくても心のどこかで疑い始めるものです。

 

いい雰囲気に感じたのは同僚です。異性と連絡先を交換することもあるでしょう。このような噂話や他人の話がすれ違いの原因になることがあります。

 

また、仕事の都合でデートを何回もキャンセルされてしまうと、本当は私以外の人と会ってるんじゃないか、避けられてるのかもしれないと悪いように受け取ってしまい、変に勘ぐってしまうことも。

 

誤解と言っても、色々なパターンがあります。

そして誤解だとわかっても不信感が残る場合があるので、お互い信頼関係や誠意が大切なのですが、何かが少しずつ狂い始め、気付いたときには気持ちがすれ違っているということもあるかもしれません。

 

最初はちょっとした誤解からすれ違いに発展し別れに繋がってしまった場合は、友人関係に戻り信頼関係を築くことが大切です。

 

すれ違いを解消しないと復縁は無理?

 

「復縁するには別れた原因を改善しましょう」と言われていますが、すれ違いが原因のときも同じです。

これはお付き合いを続けるよりも、別れることを選んだ理由のほうが大きいということ。

 

付き合った当初は痩せていたのに、どんどん太ってしまって痩せ型の女性が好みだった彼と別れたというのならダイエットが必要ですし、彼を束縛し過ぎてフラれたなら束縛しないことが求められます。

 

すれ違いが原因の場合は「何が」すれ違ったのかを深く考えてみてください。

例えば彼の仕事が忙しくなった場合、彼から連絡が少なくなったり、会いたいときに会えないことが原因になったと考えてしまうと、改善するには彼の仕事が暇になるしかないですよね。

でも、それはこちらが決められることではないですし、根本的な改善ではありません。

 

この場合、連絡が少ないことや会えないことから不安を感じてしまうから、寂しいからということが考えられますね。

もし、そう感じることがあるなら、自分の気持ちを優先してしまい、彼の気持ちに寄り添えてなかったということも考えられます。

 

不安や寂しいと感じるのはなぜか、というところまで深く考えたり、彼に依存し過ぎていなかったか、求めるばかりで彼の支えになる気持ちがなかったなど、自分を見つめ直すことが大切です。

 

そして気持ちを上手に伝えられていたか、お互いが理解し合える関係だったか、信頼関係を気付けていたかなどを振り返ってみてくださいね。

 

最後に

もしかしたら、すれ違いは「お互い」感じていたことかもしれませんね。

 

でも、たとえお互いに原因があったとしても、今、彼とよりを戻したいと思っているのはあなたです。

「彼にも悪いところがあったじゃない」というのは彼のせいにしてしまったり、言い訳してしまったり、自分を擁護してしまうことに繋がります。

 

彼の言葉や行動に傷ついたことがあったかもしれませんが、あなたが彼を好きで、関係を取り戻したいということは、あなたが何かを変えなくてはいけません。

「今まで通りの自分を愛してほしい」という気持ちでいるなら、たとえ彼と復縁できても、いつか同じ理由で別れる時がきてしまいます。

元彼と復縁できたのに、また別れるなんて嫌ですよね。

 

復縁に焦りは禁物です。焦っても彼の気持ちが戻ってくるわけじゃありませんので、まずは深く別れの原因を考えて改善することを目指しましょう。

 

あなたの復縁が叶うことを願っています。

 

 

 

 

「元カレとの復縁を叶えよう!」公認サイト↓